占い師いけだ笑みのブログ

突然思いついたことや感じたこと。
占星術やタロットの思索。
イベントや講座のインフォメーションなど。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
いけだ笑み著書
PROFILE
SEARCH
<< タロットカード逆位置の解釈例 | main | お笑い太陽星座比率 >>
ホラリー占星術難しいと言うけれど・・・ネイタルのほうが難しいよ!
0
    私は正直、ホラリー占星術に出会うまでは、占星術に完全にハマっているのに信じきることはできなかったです。じつはこういう人多のではないかと思っています。おもしろすぎるけど納得できない!というかんじ。

    ネイタルチャートには、主観というバイアスがかかっていて事実との摺り合せが難しいし、そもそも人間は一人で生きていないので、親子や交友関係によるシナストリーの影響も大きすぎて、ネイタルチャート単独の純粋培養で生きている人なんていない。だから、星を読めば地上の小宇宙である人間存在を読み解けると仮定したところで、それを客観的に実証することは無理だと思っています。

    主観のバイアスにすり寄るためには、水の人には同情的に、風の人には平坦に、土の人には現実的に、火の人には熱狂的に説明する必要があるし、同じ1年でも、活動宮様には「まだ少し時間がかかります」となだめ、不動宮様には「もう時間がありません急いでください!」と説得しなければならない。

    また、生物学的性別とチャートの性別が一致している場合は男女共に「男性的ですね」と言ったほうが喜ばれる不思議や、イージーアスペクト型チャートの人のほうが「苦労している」と認めてあげないと伝わらないなど。更にここに読み手(占者)のネイタルというバイアスまでかかる!(絶望)

    育ての親や関わった教師、同居人などのシナストリーの影響も無視できない。ネイタルの月が蟹座にあって魚座木星とトライン、牡牛座金星とセクスタイルの人でも、両親の土星がそれぞれ山羊座、天秤座にあって、本人の月を監視していたら?その子を「楽観的で喜びに満ちた感性ですね。」と読んで本人は納得してくれるでしょうか??

    ホラリー占星術をやっていると、質問の答えを星に求めて、星をそのまま読み解けばあっけなく的中するという驚きを、しばしば経験します。それと同じくらい大外れの解釈も。

    それなのになぜ研究するかというと、「正しく読むことができさえすれば、必ず当たる。」という確信を深めてゆく一方だからです。これはホラリーというアプローチで星を読んでみたことがある占星術師なら共有できる実感だと思っています。

    大きいものと小さいものはそれが幾重になってもずっと同じで、始まりも終わりもなく、営みはただその断片を切り取って、私たちはその完璧を「体験したい」と願ったものたちなのだという実感を、私は占星術を通じて確認するのが好きなのだと思います。
    「体験したい」と願ったから、ネイタルにはバイアスがかかるのです。主観として経験するということはそういうことだからです。



    性格判断や運命判断ではない、「ただそこに星があってそれが地上の営みの写し鏡なのだ」という占星術も知ってほしいなぁ。



    渋谷アルカノンセミナーズで、ホラリー占星術クラスが5月25日からスタート。ホラリーの技法には、占星術の基礎を構成する古典的な概念が含まれ、これらを無理なく楽しく学べる内容です。http://www.arcanumseminars.com/ 


     
    | いけだ笑み | 占星術 | comments(0) | - |