占い師いけだ笑みのブログ

突然思いついたことや感じたこと。
占星術やタロットの思索。
イベントや講座のインフォメーションなど。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
いけだ笑み著書
PROFILE
SEARCH
<< 支配星だいじ | main | 差をつけるのか、引き寄せるのか? >>
秘められた宝石のような満月
0
    本日の双子座満月は、18時27分ごろに完成。12ハウスの満月は、東の地平線近く低い位置で観測できそう。ちょうどそのころ木星が地平線上に上昇してきます。(晴れるといいな!)
    木星は蟹座にあるので、ディスポジターは月。月は双子座なので水星に飛んで、その水星は射手座にあるので木星に帰る。
    木星→月→水星→木星・・・と3つの惑星ではエネルギーが循環。
    昨今の活動宮で緊張した角度を形成中の火星天王星冥王星のエネルギーとはちょっと別の循環経路を持った満月は12室で輝きます。表面化しているあわただしさとは裏腹に、心の奥底に芽生える小さな希望や善意を垣間見せてくれる満月。

    この満月が関係するのは、前回の蠍座の新月で、蠍座の新月もやはり活動宮のクロスから外れていて、世相のあわただしさに左右されない普遍的なものを持つように促してくれるパワフルなものでした。その流からの希望の芽生えを意味する満月です。心の奥の小さな真実を見失わないようにしましょう。
    今回の満月で、自分の中の大切なものを認識できた人は、今後半年近く滞在する天秤座火星からのシビアな問いかけに対する答えや拠り所を持ち続けることになるので、注目してみました。

    今回の満月の特異性は、満月事態に他の惑星からの干渉(メジャーなアスペクト)がないことにもあります。12ハウスにポツンと単独で輝く宝石のような満月ですね。
    (私はネイタル月にアスペクトが無いので、アスペクトのない惑星がどれだけ純粋にそのあり方が守られているかを体感として知っています。いっさいの邪魔が入らないシステムになっているような感覚。私は良い意味でとても放任に育てられました。)

    天秤座火星の問いかけは、背後に牡羊座天王星が控えているので、シビアな変革を促す非情に早急なエネルギーです。そんなときに、自分の拠り所は絶対にあったほうがいい。双子座と射手座は、天秤座と牡羊座の緊張を調停する柔軟サインであることもお忘れなく。


    天秤座の火星には、こちらの事情に配慮しながら攻撃しかけてくる特性があるので、乗っかるしかないような、いわばプロレス技のような性質があります。下手に抵抗すると怪我するから乗っかるしかない。そんときに双子座という柔軟な自分式受けスタイルを持ってるかどうかという話しですねw
    | いけだ笑み | - | comments(2) | - |
    みどり (2013/12/17 2:04 PM)
    第3ハウスではなくて、12ハウスなのですか?
    双子座は第3ハウスだとおもいました。
    リア (2013/12/17 10:19 PM)
    横レスすみません。
    ジャスト満月時のホロスコープ(満月図)を出すと月は12ハウスinです。
    たぶんそうじゃないかと思われます。