占い師いけだ笑みのブログ

突然思いついたことや感じたこと。
占星術やタロットの思索。
イベントや講座のインフォメーションなど。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
いけだ笑み著書
PROFILE
SEARCH
<< 7ハウスの扱い | main | 秘められた宝石のような満月 >>
支配星だいじ
0
    その人の固有の感受性としての月からみたスクエアのサインは交友関係においては利害がぶつかりやすく、「カチンとくる相手」とか「気に食わない」という認識になりやすいのだが、月からみたスクエアやオポのライツを持つ人の作品やファッションや表現するものには魅了されますね。

    この理由を考えてみると、創造的なエネルギー(作品創作、表現など)においては同質であることは憧れや賞賛としての認識になるが、非生産的な足の引っ張り合い的交友関係においては、クオリティーの一致(90度180度)は、エレメントと違って住み分けができないから、譲り合わないと、双方のターンを奪い合って利害がぶつかる。その場合「ずっと俺のターン」やってる相手に「おい!」ってなることになります。

    この流れで最近よく考えてるのは、柔軟宮のスクエアについて。柔軟宮には木星を支配するサインが二つ(魚座と射手座)があって、こいつらがいい人ぶりたいシワ寄せは、すべて双子座と乙女座という辛辣サインとして名高い二巨塔が押し付けられている。
    乙女座も双子座も水星を支配するサインです。乙女座はドライなので、コールド&ドライの水星と親和性があるため、悪役を買って出ることに抵抗ない場合がほとんどですが、双子座は人気投票を気にするサングインサインだから、射手座と魚座に対する恨みつらみを抱きやすいんじゃないかな?
     
    ところで、最近、電撃的にひらめいたエレメントについての考えがあって、それは、「土と風」「水と火」は、温度も湿度も違うからもっとも異質という結論は早合点でしたという贖罪。(本にまで書いてしまったのにどうしましょう・・・。)

    土のサインである牡牛座、乙女座、山羊座のそれぞれの支配星は、金星、水星、土星。風のサインである双子座、天秤座、水瓶座の支配星は、水星、金星、土星です。
    水のサインである蟹座、蠍座、魚座の支配星は、月、火星、木星。火のサインである牡羊座、獅子座、射手座の支配星は、火星、太陽、木星ですね。

    お気付きですね。「土と風」「水と火」は、それぞれ温度も湿度も共有しないが、支配星を共有している!!!
    「最新元素論」で私が提案した「4方向の共通点にさらに二つ縦と横の共通点を考えてください。」への答えです。

    土と風は、共有する金星により、バランス感覚や調和させるエネルギーが与えられ、水星からは比較したり分析する能力、土星から冷やされることによって、私が指摘したオブジェクティブな性質、つまり「客観性」やプロデュース力が与えられる。土は等身大の自分を知っているし、風は世の中には自分以外の主役がたくさんいることを知っている。
    火と水は、共有する火星から、熱意と狂信的な性質を与えられ、木星からおおらかに幸運を信じる力をもらい、月と太陽によりセンタリング(自己の中心を持つ)されている。その結果、火と水にとって、世界はワクワクとミラクルに満ちていて、自分の感覚こそが真実だと実感する。火はウサギ跳び一万回すれば甲子園に行けると信じるし、水は耐え忍んでいれば王子様がガラスの靴を持って迎えに来てくれると待つことができる。

    まだまだまだまだ言いたいこと半分も伝えきれないのですが、ひとつだけ、涙目で言いたいことは、「支配星だいじ」ということです。

     
    | いけだ笑み | 占星術 | comments(0) | - |