占い師いけだ笑みのブログ

突然思いついたことや感じたこと。
占星術やタロットの思索。
イベントや講座のインフォメーションなど。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
LINKS
いけだ笑み著書
PROFILE
SEARCH
新元素論を、ルーラーシップでさらに多角的に考える
0

     MyCalendar (マイカレンダー)2020年4月号 、一周して2冊めの春号ですね!

    今回私は、エレメントを「熱・冷・湿・乾」で多角的に分析することで、対人関係をスムーズにする特集記事を書きました。

     

     この記事で取り上げられている「新エレメント」というのは、ギリシャの哲学者アリストテレスが唱えた、「熱・冷・湿・乾」から成る四性質の考え方に由来します。四大元素の考え方自体は、アリストテレス以前のエンペドクレスが唱えた四つのリゾーマタ(根)があり、それをくっつけたり切り離すものはピリア(愛・憎)とするものなど様々です。

     

     近代の占星術に色濃く反映されたのは、四つの元素を成り立たせるうちの温度の部分で、火と風は共に熱く、熱いサインが共有する能動性である男性的サインと、水と土は共に冷たく、冷たいサインが共有する受動性である女性的サインであるとする、二元論で語られることがほとんどでした。

     

     何故湿度の概念が抜け落ちてしまったのかは定かではありませんが、2009年に私が占星術の教科書を三冊同時期に出版するまでは、日本の占星術教科書では湿度の概念が解説されているものは、私の狭い知識で知る限りは見当たらず、トレミーの四角が二つ重なった四大元素の図解をみたとき、私は衝撃を受けたものです。

     

     

     今回のマイカレンダー春号の記事では、温度だけではなく、湿度の概念を取り入れたうえで4つの元素それぞれの対人面での攻略方法から、育児に役立つ湿度の考え方のコラムまで広くご紹介していますのでお楽しみください。

     

     雑誌記事4ページ目のコラム、「火と水、風と土は、永遠に相容れないの?!」では、ページ数の関係上エレメントが共有するルーラーシップの部分を書ききれなかったので、こちらのブログで補足させていただきます。

     

     温度においても湿度においても相容れない元素である「火と水」「風と土」にはそれぞれ共有するルーラー天体があります。

     

    水星:双子座(風)、乙女座(土)

    金星:天秤座(風)、牡牛座(土)

    土星:水瓶座(風)、山羊座(土)

     

    火星:牡羊座(火)、蠍座(水)

    木星:射手座(火)、魚座(水)

    太陽と月:獅子座(火)、蟹座(水)

     

    コラムにおいて、私は風と土の共通点は、客観性や論理的性質からのプロデューサー的能力と書きましたが、その内訳はルーラーシップで考えると解りやすいのです。

     

    /綫院Щ弭妖であること。情報を集める双子座と、集めた情報を分析する乙女座。

    金星:美意識の高さ。バランス感覚と調和美の天秤座と、個性と視覚的聴覚的味覚的な豊満美。

    E收院秩序を重んじる性質。自由であるための自己管理能力の水瓶座と、社会を保つための政治的センスと実行力の山羊座。

     

    火と水の共通点は、主観的な芸術家です。

     

    _仞院Ч堝暗であること。直観に突き動かされた衝動的行動の牡羊座と、予感やインスピレーションに基づく情動的行動の蠍座。

    ¬收院包容力を持つこと。性善説を信仰する求道者である射手座と、許すこと信じること救済することをテーマとする魚座。

    B斥曚鳩遏Я和づであること。自分が人生の創造主であると信じる獅子座と、自分が創造主の母であると信じる蟹座。

     

    このように、「火と水」「風と土」の二方向の共通点を、熱・冷・湿・乾の四方向に加えると、元素は多角的な線で結ばれ、これまで見えてこなかった組み合わせによる妙が生まれます。特に相性を読み解く上で不可欠かつ必然である元素論を、温度による二区分にだけ留めておくのはあまりにもプアな考え方であるため、私は広くこの多方向に派生する共通点を知ってもらいたいと切に願っています。

     

    2020年マイカレンダー春号の記事をきっかけに元素をさらに深く楽しんでいただければ幸いです。

     

    最期におまけです。

    温度、湿度、いずれにおいても共通しない元素で構成されたライツを持つ有名人を。

     

    大野智(火・水)

    中島健人(水・火(水の可能性も)

    亀梨和也(水・火)

    高岡早紀(火・水)

    ほりえもん(水・火)

     

    二宮和也(風・土)

    櫻井翔(風・土)

    堂本光一(土・風)

    蛭子能収(風・土)

    古市憲寿(土・風)

     

     

    | いけだ笑み | 占星術 | comments(0) | - |
    「きせかえ占星術」の楽しみ方
    0

      占い雑誌、My Calendar 秋号では、「きせかえ占星術」の監修をさせていただきました。

      きせかえ占星術の遊び方といいますか、私からのご案内文をここにまとめてみますね。

       

       「きせかえ占星術」は、日向いまさんが「占星術であそぼう」という本で手作りでチョキチョキ切ってつくっておられたものです。

       

       「きせかえ占星術」のすばらしさは、天体、サイン、ハウスのイメージをダイレクトに受け取ることができるという点でしょう。百聞は一見にしかずといいますが、どんなに言葉を紡いで説明しても、絵による表現から受け取れる情報量を超えることは難しいのです。例えば、サインは牡羊座から始まって魚座へと切り替わってゆくのですが、日向さんは、それを時代のエボリューションとして描き分けている。原始時代から始まって、中世から現代、現代から近未来へと移り変わってゆくさまは、言葉ではなかなか説明しにくいのですが、絵だとサインの進化が理屈抜きで頭に入ってくる仕組みに。

       

       占星術には「ディグニティー」(下図1を参照)という考え方があり、天体にはそれぞれ居心地のよいサインとそうでないサインがあります。「きせかえ占星術」でいうと、顔と洋服のイメージがぴったりなものが本来のサインに惑星がある状態なんですね。例えば蟹座の顔は、月なので、まんまる顔の幼い少女。その子が着ている服は部屋着といいますか、これはもうパジャマ!これが似合っている状態。ディグニティーでいうところの「ドミサイル」という状態です。逆に例えば、この少女が山羊座の服を着ていたらどうでしょう?世界征服でもしまいそうなカリスマ性をおびた近未来的な衣装にマントまでつけて・・・。似合っているといえば似合っているのですが、どこか借り物っぽく、少女が自宅でヒーローごっこをしてでもいるようなおもしろい印象を受けますね。(端的にいうと、アンパンマンみたい!)これが、ディグニティーでいうところのデトリマントという、状態です。

       実はハウスにも惑星が喜ぶ配置があって、それはジョイオブザプラネット(下図2を参照)といいます。例えば、さきほどの丸顔の少女が喜ぶ部屋は3室です。3室には箱庭のような散歩道が描かれており、顔見知りの隣人とのご挨拶や、通いなれた道で新しい発見をしてはドキドキする様子が伺えます。

       

       言葉で「似合う似合わない」「居心地がよい居心地が悪い」ということを何度説明しても、結局は、ドミサイルだと良くて、デトリマントは良くないの?という、つまらない肯定否定の二元論になってしまうのですが、絵でそれを体験してみると、「いやこれはこれで、意外と似合っている?」だとか、「似合ってないところがおもしろい!」、「シュール!」などなど深みのある解釈をたちどころに出来てしまいます。
       私は木星と火星のディグニティーが低いことを多少コンプレックスに感じていたのですが、着せ替えしてみると、これが意外と似合うんです。この絵のイメージで木星を使えば、有効活用できるかも、と想像することはとても有意義に感じます。

       

       ご自身のホロスコープや、気になる相手のホロスコープの、天体とそれがあるサイン、ハウスを着せ替えしてみて、その組み合わせの妙を理屈抜きに楽しめるのが、きせかえ占星術の良さだと思います。お楽しみください!

       

      図1

      惑星

      ドミサイル

      デトリマント

      エグザルト

      フォール

       

      蟹座

      山羊座

      牡牛座

      蠍座

       

      水星

      双子座・乙女座

      射手座・魚座

      乙女座

      魚座

       

      金星

      牡牛座・天秤座

      蠍座・牡羊座

      魚座

      乙女座

       

      太陽

      獅子座

      水瓶座

      牡羊座

      天秤座

       

      火星

      牡羊座・蠍座

      天秤座・牡牛座

      山羊座

      蟹座

       

      木星

      射手座・魚座

      双子座・乙女座

      蟹座

      山羊座

       

      土星

      山羊座・水瓶座

      蟹座・獅子座

      天秤座

      牡羊座

       

      天王星

      水瓶座

      (獅子座)

       

       

      海王星

      魚座

      (乙女座)

       

       

      冥王星

      蠍座

      (牡牛座)

       

       

      ドミサイル⇒天体がのびのび居心地がよい状態

      エグザルト⇒天体が楽しい状態

      デトリマント⇒天体が委縮しやすい状態

      フォール⇒天体が楽しくない状態

      カッコ内のサイン⇒かならずしもデトリマントではない

       

      図2

      関連画像

       

       

      | いけだ笑み | 占星術 | comments(0) | - |
      水星の位置で星座を3タイプに分けてみました
      0

        先日、占星術の初級クラスで、「蟹座は頭の回転はやい人多い印象」との生徒さんからの発言が。それは、蟹座生まれは高確率で水星が双子座にあるからというのもありますね。水星と金星(内惑星)は、太陽からあまり離れないので、そうなりやすいのです。

        同じように、水星が乙女座にある可能性の高い、獅子座や天秤座にも理知的な印象が強い方が多いはず。

         

        水星の位置で、蟹座を3つに分けると。 水星双子座の蟹座:おしゃべりで人懐っこく、頭の回転の速い蟹座。 水星蟹座の蟹座:物静かで、シャイ。やさしーい蟹座。 水星獅子座の蟹座:ドラマクイーンで、目立つ、話題の中心をかっさらう蟹座。 デイカンで分けるよりよっぽどリアルな蟹座像になってません?

         

        水星はアウトプットする天体で、その人の言動や情報処理の方法、移動手段、人と繋がる方法などを示しますから、はたから見て見えやすい。太陽星座がその人の基本的スタンスだとして、それをどのように運ぶのかが水星が示すところです。

         

        昨日の夜からつらつらとツイッター@emi0711に連投していたものですが、牡羊座、双子座、魚座を改訂してあります。今後もたびたび差し替えたくはなるのでしょうが、とりあえずはこのへんでまとめておきますね。

         

         

         

        【水星の位置で星座を三タイプに分けてみよう】
        〜えー!デイカンよりずっとリアル〜


        水星魚座の牡羊座:ふわっとした不思議ちゃん発言連発の宇宙人タイプ
        水星牡羊座の牡羊座:歯に衣着せぬ直球発言「王様は裸だよ!」な牡羊座
        水星牡牛座の牡羊座:口数少ないが話し出すと長い、パントマイムや身体で表現するおもしろ
        人間。

         

        水星牡羊座の牡牛座:マニアックでわりと尖ったことを言う牡牛座
        水星牡牛座の牡牛座:のんびりマイペースで寡黙な牡牛座
        水星双子座の牡牛座:説明の多い牡牛座

         

        水星牡牛座の双子座:オタクトーク炸裂の双子座。
        水星双子座の双子座:ソリッドなツッコミを炸裂させる吟遊詩人な双子座
        水星蟹座の双子座:どんな話題にも付いてくる、超聞き上手な双子座

         

        水星双子座の蟹座:おしゃべりで人懐っこく、頭の回転の速い蟹座
        水星蟹座の蟹座:物静かで、シャイ。やさしーい蟹座
        水星獅子座の蟹座:ドラマクイーンで、目立つ、話題の中心をかっさらう蟹座

         

        水星蟹座の獅子座:「ねーねー、聞いて聞いて」な獅子座
        水星獅子座の獅子座:「よくてよ」「くるしゅうなくてよ」となぜかアントワネットな獅子座
        水星乙女座の獅子座:数学的センスや地図好き、簡素できれいな文体の獅子座

         

        水星獅子座の乙女座:ざぁます口調でメガネが似合う乙女座
        水星乙女座の乙女座:必要最小限の情報を簡素に扱うが、丁寧な対話が美しい乙女座
        水星天秤座の乙女座:欠点を正確に見抜き、痛烈に裁く乙女座

         

        水星乙女座の天秤座:賢く正義感が強いのに、反省ばかりしている天秤座
        水星天秤座の天秤座:でしゃばらなくても誰とでも卆なく話せる天秤座
        水星蠍座の天秤座:マイノリティーを代弁する情報屋。ちょっと弁護士な天秤座

         

        水星天秤座の蠍座:腰は低いが隙をみせない、低姿勢なのに目が笑っていない蠍座
        水星蠍座の蠍座:秘密主義でセクシーな蠍座
        水星射手座の蠍座:辛辣なビッグマウスの蠍座

         

        水星蠍座の射手座:刺さる言葉を陽気に投げかけてくるスナイパーな射手座
        水星射手座の射手座:話しがどんどん大きくなる射手座
        水星山羊座の射手座:学者か教授みたいな射手座

         

        水星射手座の山羊座:国際的視野を持ったインテリ山羊座
        水星山羊座の山羊座:歴史と経験を語る山羊座
        水星水瓶座の山羊座:人気集めがうまいポリティカルな山羊座

         

        水星山羊座な水瓶座:革新的な視点で世の中をディスるラッパーな水瓶座
        水星水瓶座な水瓶座:俯瞰で物を言うニュートラルな水瓶座
        水星魚座な水瓶座:ぶっとび発言が、なぜか愛される水瓶座

         

        水星水瓶座な魚座:弱きを助け強きを切るフェミな魚座
        水星魚座な魚座:瞳で語る魚座
        水星牡羊座な魚座:涙目で前へ出る頑張り屋。だれも付いてこれないことを言いだす魚座

         

         

        | いけだ笑み | 占星術 | comments(0) | - |
        人生相談の回答者、火と風の星座多すぎ問題
        0

          この半年以内のことですが、にわかに「テレフォン人生相談」を聞くようになりました。

          個性あるパーソナリティの方々と、スカッとする名回答の数々にハマってしまい、移動中や絵を描くときなど流していてちょうどよい。中毒性があります。

          聴いているうちに、回答者たちの星座が気になり始め、調べていると恐ろしい事実が浮き彫りになったので、ここにまとめておきます。

           

          加藤諦三:太陽水瓶射手

          今井通子:太陽水瓶獅子

          勝野洋:太陽獅子獅子

          ドリアン助川:太陽双子射手

          柴田理恵:太陽山羊魚 ←異質!!

           

          三石由紀子:太陽双子獅子

          マドモアゼル愛:太陽水瓶牡羊

          志賀こず江:太陽射手獅子

           

          マイフェイバリットな大迫恵美子(弁護士)さんは、出生年月日不明でした。残念!!!

          そもそも大迫恵美子さんのことが好きすぎて調べ始めたのに、この人は顔も一個しか出てこないし不明が多いです。

           

          そのほかも、いいキャラしてるのに不明な人多い。

          中川潤:弁護士(けだるい語り口が、しだいに恫喝に変化してゆき相談者をビビらせて黙らせる、人情男)

          森田浩一郎:医学博士(終始泣き落とし口調。「男はみんなそういうもんだから」の同調圧と、「あなたのお父さんくらいの年齢だから言うけど」の年功序列で、相談者をねじ伏せる、凄腕じぃさん)

          大原敬子(「おかぁさん、ぼくはね、ぼくをね、どうしてぼくを・・」と相談者の心を代弁しながら、パーソナリティの加藤とタッグを組んで相談者を叩きのめす、ハマるとすごい熱血漢女)

          など・・・。

           

          この結果どう思います?

          太陽が風の星座で月が火の星座の比率の多さ!

          火と火というのも多い中での、柴田理恵さんのアウェイ感。

           

          ここまできたら、テレビでお昼に人生相談を何年も担当していた、みのもんたさんのライツもみておきましょう。

           

          みのもんた:太陽獅子天秤

           

          これはもう、単なる偶然とは言い難い比率ですね。

          以前リストアップした子役タレントたちの柔軟宮の多さもすごかったが、「人生相談が火と風の星座に牛耳られている」という結論です。

           

          対話の風と向上心の火の組み合わせは、人生相談に適正があるということでしょうか?

           

          水は共感力が強すぎて、傷のなめ合いになるし、土は経験してないことはわからんし、わからんなら美味しいもんか金で慰めようとするしで、ラジオやテレビなどの世界における相談回答者に火と風が適しているということですね。

          私生活における相談相手は、逆に水と土のほうが相談される機会が多いのではないでしょうか。特に解決を望んでいない相談の場合、水は共感して慰めてくれるし、土は飯奢ってお金貸してくれるという点において、圧倒的に水と土に、まずは頼る人が多いと思われます。

          男性宮(風と火)は解決を望む場合の相談相手で、女性宮(水と土)は慰めと癒しを望む場合の相談相手と、住み分けが明確ですね。

           

          番外編として、ゆるゆる人生相談の回答者としての蛭子能収氏のライツもみておきましょう。

           

          蛭子能収:太陽天秤山羊←!!

           

          蛭子さんの参戦により、どうも、太陽がモイストで、月がドライというのが人生相談の適正と関係がある気がしてきました。

          姿勢として(太陽)は、理解力や共感の姿勢は必要だが、心の部分(月)での共感しすぎや同調は、問題解決の妨げになる。

          そうすると、柴田理恵さんは、この王道相談回答者の逆を行っている。姿勢の部分はドライな土で冷たく突き放す性質を持っているのに、心の部分は水でベタベタに共感してしまっている。冷たいのに甘やかすダブスタが気持ち悪い感じに仕上がっているんですね。柴田理恵さん、女優さんやタレントさんとしては別に全く嫌いではなかったのですが、テレ人聴くようになってから、「なんだこの人のわざとらしさは??」と感じることがあるのは、人生相談というフィールドにおける異質さだったのでしょうか。

          (そもそも私にテレ人を教えてくれた人が、「柴田理恵のわざとらしさが気持ち悪すぎる」と言っていた理由がよくわかりました。)

          太陽がドライで月がモイストという点では、みのもんたさんも、実は人生相談にそれほど適正が無かったのかもしれません。姿勢として突き放す(太陽火)わりに、心で持って行かれちゃってる(月風)から、これは柴田さんと同じパターンですね。

           

          結論:エンターテイメントとしての人生相談は、太陽がモイストで月がドライの回答者が聴きやすい

           

           

           

           

           

           

          私の場合は、アセン(態度)太陽(姿勢)心(月)すべてがモイストサインにあるので、態度も姿勢も心もベタベタです。やさしくしてほしくて、一ミリも突き放されたくない人は私にご相談ください。ただし、ここまでモイストだと、自分がしんどいのでそもそも家族以外の人の相談に乗るということは元々しない。飲み会にも行かない。ので残念!!

          占い師としての回答は普通に媒体を読むだけなので、私の心は相談者というよりは、媒体に同調して、それを正確に伝えることに終始しているので、人生相談とは全く違う回路を使います。

           

           

          | いけだ笑み | 占星術 | comments(0) | - |
          四体液質とお金
          0

            秋分の日ユースト放送で、鎌崎先生が四柱推命の五行とお金の関わりの話しをされており、それが大変興味深かったです。

            西洋の体液質にもお金の扱いに顕著な特徴があることに私は以前から興味を持っていました。

            この機会にまとめておきましょう。

             

            体液質とお金


            ドライ(火と土):金離れ良い(離れる力)
            モイスト(水と風):ケチ(くっつく力)

             

            ホット(火と風):消費と投資投機のセンス(放出しようとするエネルギー)
            コールド(水と土):貯蓄と人から融資を受けるセンス(補おうとするエネルギー)

             

            芸術家軸(火と水):どんぶり勘定(主観的)

            プロデューサー軸(土と風):細かい勘定(客観的)

             

            四元素のバリエーションについては、私の「最新元素論」をご参考に。

             

            まとめ

             

            :金離れがよく、消費と投資や投機のセンスありで、どんぶり勘定。誉められたり頼られると奢りまくり。
            :金離れがよい反面、貯蓄と人から融資を受けるセンスあり。勘定は細かく正確。必要な出費は必要と割り切る。
            :ケチで勘定に細かいが、消費好きで投機と投資のセンスあり。奢るのも奢られるのも嫌い。ベーシックインカムと富の分配熱望。
            :ケチで貯蓄上手な倹約家。だが全体的にどんぶり勘定なので家計簿はつけない。おねだり上手。出してもらってあたり前。

             

             

            *古典的な体液質の細かい計算が解らない人は、太陽と月とアセンダントの元素をそれぞれ出して、どの元素が優位だったかなどで推測されても、けっこう当てはまるはずなので、試してみてください。

             

            いけだが直近で体液質のお話しをする講座は、渋谷アルカノンで10月9日スタートの「占星術と体質講座」と、11月26日の福岡単発講座になります。お金だけでなく、体質はもちろんのこと、食の好みや生活習慣にも大きな特徴をみせる体液質のお勉強をしたい方はこの機会にどうぞ。

            | いけだ笑み | 占星術 | comments(2) | - |
            「破婚」及川眠子を読みました
            0

              「破婚」及川眠子を読みました。

               

              すざまじい内容。半分をすぎたあたりから、途中過呼吸発作が起こるんじゃないかと何度も本を閉じて深呼吸しなければならないくらいスリリングで恐ろしいストーリー展開でした。18歳年下のトルコ人との13年間で作家が三億円失い、離婚時に7000万円の借金を背負うまでの告白なのだが、馴れ初めから順に過不足なく事実説明がされており、気が付いたらスティーブンキングよりも怖い物語に引きずり込まれてしまう。

               

              読後は息も絶え絶えに、「逃げられてよかった!!」という悪夢から覚めたときのような気持ちでいっぱいになるのだが、ふとこれが男女逆の立場だったら?という思いが頭をよぎる。

               

              作者「あとがき」にあった、「あなたは13年間、ワタシをバカだと言い続けた。」という元夫のセリフ。彼が彼女に抱いていた愛憎は、愛情と引き換えに男から大金で養われ続ける女性の愛憎そのものだと感じた。それを、男性の、それも異文化のクルド人式で体現するもんだから、金額もせびりかたも、スケールが平凡な日本人女性のそれとはケタ違い。ホラー小説のようでもあり喜劇のようですらある狂気じみた展開を迎えることに。

               

              だが根底に流れるテーマは、人のお金を、愛情やセックスや気配りや家事や家族サービスなど有形無形の情念を提供することで引き出し続けることの苦しさと、引き出され続けることの苦しさにあると思いました。出す側も出させる側も疑心暗鬼と自尊心の崩壊に行きつくしかない地獄のサイクル。

               

              男女という身体の構造も文化も違う生き物が「結婚」すると、そこには引き出す者と引き出されるもの、そのかわりに提供されるものとそれを甘受するもの、そういったギブ&テイクが次々に発生するわけで、その戦いの中でバランスを崩したときの恐ろしさがタイトルの「破婚」なのだと思う。このタイトルに感動をおぼえる。

               

              私自身も17年争い続けたギブ&テイクのバランスがおかしくなって「破婚」に至る経験をしているので、スケールは違えど、その焼け野原から立ち直る努力を今でもし続けているので、そんなときにこの本に出会えてよかった。

               

              これだけ怖いテーマをサラリと描いておきながら、関わった男すべてを利用しながら生きてきた自身のしたたかさを告白しながら最後に希望を与えてくれる作者の優しさに感謝。この人は本当に多くを人に与える人なんだなぁと。ケチで怖がりの私にはとても見習うことはできないが、ひたすら尊敬!!

               

              最期に占星術的感想。及川さん、私とライツが逆。LUAさんと同じ、太陽水瓶座で月が蟹座でした。ライツ逆って似て非なるものだと再確認できたのも大収穫。

              | いけだ笑み | 読書感想 | comments(1) | - |
              抱かれたくない有名人の太陽星座比率
              0
                活躍したお笑い芸人に引き続き、「抱かれたくない」のランキングも集計してみました。
                大野くんが堂々の4位であることに興奮したからです。



                出川哲郎:太陽水瓶座/月水瓶座
                田中卓志:太陽水瓶座/月牡牛座
                江頭2:50:太陽蟹座/月獅子座
                大野智:太陽射手座/月蟹座
                井上裕介(ノンスタイル):魚座/月乙女座(獅子座)
                木村拓哉:太陽蠍座/月水瓶座
                福山雅治:太陽水瓶座/月乙女座(天秤座)
                蛭子能収:太陽天秤座/月山羊座
                明石家さんま:太陽蟹座/月蠍座
                櫻井翔:太陽水瓶座/月山羊座

                合計10人

                ジェンダーバランス(男女比)
                男性宮:
                女性宮:4

                テンパラメントバランス(湿度比)
                ドライ:1
                モイスト:

                クオリティーバランス(3原質比)
                活動宮:3
                不動宮:
                柔軟宮:

                エレメントバランス(元素比)
                火:1
                土:
                風:
                水:4

                結論、水瓶座の多さ!!月星座入れても水瓶座が突出しています。

                そして月のサイン入れても「空気が読める」柔軟宮は選ばれにくいですね。官能的な土の星座生まれはさすがのゼロ人。
                モイストサインが圧倒的多数。からみつくイメージのモイストサインのほうが嫌がられるときは嫌がられるんですね。
                 
                | いけだ笑み | 占星術 | comments(0) | - |
                お笑い太陽星座比率
                0



                  水曜日のダウンタウンで、ダウンタウンが金ちゃんとトークするときに出た表です。ここに登場したすべてのグループの太陽星座を出してみて、ジェンダー(性別)、テンパラメント(気質)、クオリティー(三原質)、エレメント(四元素)の比率を出してみました。

                  第一世代
                  ザ・ドリフターズ:いかりや長介(蠍座)、加藤茶(魚座)、志村けん(魚座)、高木ブー(魚座)、仲本工事(蟹座)
                  コント55号:萩本金一(牡牛座)、坂上二郎(牡羊座)
                  やすしきよし:西川きよし(蟹座)、横山やすし(魚座)
                  桂三枝:桂三枝(蟹座)

                  第二世代
                  ツービート:ビートたけし(山羊座)、ビートきよし(山羊座)
                  明石家さんま:明石家さんま(蟹座)
                  タモリ:タモリ(獅子座)

                  第三世代
                  とんねるず:石橋貴明(天秤座)、木梨憲武(魚座)
                  ダウンタウン:松本人志(乙女座)、浜田雅功(牡牛座)
                  ウッチャンナンチャン:内村光良(蟹座)、南原清隆(水瓶座)
                  B21スペシャル:ヒロミ(水瓶座)、デビッド伊東(獅子座)、ミスターちん(天秤座)

                  第四世代
                  雨上がり決死隊:宮迫博之(牡羊座)、蛍原徹(山羊座)
                  ナイティナイン:岡村隆史(蟹座)、矢部浩之(天秤座)
                  くりぃむしちゅー:上田(牡牛座)、有田哲平(水瓶座)
                  ロンドンブーツ1号2号:田村淳(山羊座)、田村亮(射手座)
                  ネプチューン:名倉潤(蠍座)、原田泰造(天秤座)、堀内健(射手座)

                  計34人


                  集計結果

                  ジェンダーバランス(男女比)
                  男宮:13人
                  女性宮:21人

                  テンパラメントバランス(湿度比)
                  ドライ:14人
                  モイスト:20人

                  クオリティーバランス(3原質比)
                  活動宮:16人
                  不動宮:10人
                  柔軟宮:8人

                  エレメントバランス(元素比)
                  火:6人
                  地:8人
                  風:7人
                  水:13人

                  第一世代〜第4世代までに登場したグループがどういう基準で選出されたかは定かではない。冠番組を持って時代を築いた面々でしょうか。ここで出た結果が「突出した」というカーディナルサイン(活動宮)の性質をそのまま反映したものに過ぎないかもしれません。どの分野でも、このように突出した活躍をしたという印象を与えた人物を並べると結果が似たようになる気がします。



                   

                  | いけだ笑み | - | comments(1) | - |
                  ホラリー占星術難しいと言うけれど・・・ネイタルのほうが難しいよ!
                  0
                    私は正直、ホラリー占星術に出会うまでは、占星術に完全にハマっているのに信じきることはできなかったです。じつはこういう人多のではないかと思っています。おもしろすぎるけど納得できない!というかんじ。

                    ネイタルチャートには、主観というバイアスがかかっていて事実との摺り合せが難しいし、そもそも人間は一人で生きていないので、親子や交友関係によるシナストリーの影響も大きすぎて、ネイタルチャート単独の純粋培養で生きている人なんていない。だから、星を読めば地上の小宇宙である人間存在を読み解けると仮定したところで、それを客観的に実証することは無理だと思っています。

                    主観のバイアスにすり寄るためには、水の人には同情的に、風の人には平坦に、土の人には現実的に、火の人には熱狂的に説明する必要があるし、同じ1年でも、活動宮様には「まだ少し時間がかかります」となだめ、不動宮様には「もう時間がありません急いでください!」と説得しなければならない。

                    また、生物学的性別とチャートの性別が一致している場合は男女共に「男性的ですね」と言ったほうが喜ばれる不思議や、イージーアスペクト型チャートの人のほうが「苦労している」と認めてあげないと伝わらないなど。更にここに読み手(占者)のネイタルというバイアスまでかかる!(絶望)

                    育ての親や関わった教師、同居人などのシナストリーの影響も無視できない。ネイタルの月が蟹座にあって魚座木星とトライン、牡牛座金星とセクスタイルの人でも、両親の土星がそれぞれ山羊座、天秤座にあって、本人の月を監視していたら?その子を「楽観的で喜びに満ちた感性ですね。」と読んで本人は納得してくれるでしょうか??

                    ホラリー占星術をやっていると、質問の答えを星に求めて、星をそのまま読み解けばあっけなく的中するという驚きを、しばしば経験します。それと同じくらい大外れの解釈も。

                    それなのになぜ研究するかというと、「正しく読むことができさえすれば、必ず当たる。」という確信を深めてゆく一方だからです。これはホラリーというアプローチで星を読んでみたことがある占星術師なら共有できる実感だと思っています。

                    大きいものと小さいものはそれが幾重になってもずっと同じで、始まりも終わりもなく、営みはただその断片を切り取って、私たちはその完璧を「体験したい」と願ったものたちなのだという実感を、私は占星術を通じて確認するのが好きなのだと思います。
                    「体験したい」と願ったから、ネイタルにはバイアスがかかるのです。主観として経験するということはそういうことだからです。



                    性格判断や運命判断ではない、「ただそこに星があってそれが地上の営みの写し鏡なのだ」という占星術も知ってほしいなぁ。



                    渋谷アルカノンセミナーズで、ホラリー占星術クラスが5月25日からスタート。ホラリーの技法には、占星術の基礎を構成する古典的な概念が含まれ、これらを無理なく楽しく学べる内容です。http://www.arcanumseminars.com/ 


                     
                    | いけだ笑み | 占星術 | comments(0) | - |
                    タロットカード逆位置の解釈例
                    0
                      タロットカード逆位置の解釈を大まかにわけると

                      1、意味が弱まる
                      2、ネガティブな側面が出る、意味がひねくれる
                      3、意味が逆転する 

                      があるが、3番の扱いが大アルカナの場合とくに重大な意味になりすぎる問題があって、例えば「吊るされた男」物理的肉体的拘束と内宇宙の広がりの反比例が描かれたカードの場合、意味を逆にとると、物理的肉体的拘束が無い、つまり自由はあるが、内宇宙に創造性も広がりもない、つまり過保護に与えられすぎて魂は親の奴隷になってしまった子供のようなイメージですね。
                       
                      解釈はそれでいいとして、問題は例えば質問が「友達を誘っていいですか?」だった場合に吊るされた男の逆位置が出た場合。
                      これを、物理的拘束が無い状態=時間もあるし身体もあいてるから来る、と解釈できるのか?
                      拘束の逆は自由、とまで解釈していいのか?です。
                       
                      1、の解釈であれば、「絶対に無理ではないが、多少の制限はある」
                      2、の解釈であれば、「現状に絶望している、自分を非力だと思っている、ので多分来ない」
                      3、の解釈であれば、「ひまこいてるから来るけど受け身」 

                      事象オンリーに着目すると、来ない可能性のほうが高く、来たとしても受動的な動機で来るので盛りあがりに欠ける感じでしょうか。
                       
                      いずれにせよ、タロットカードを引いたときはどんなカードでも正位置出てほしいものですね。
                       
                      | いけだ笑み | タロット | comments(0) | - |
                      <new | top | old>